最新情報

ENGLISH

ホーム > 自家消費型太陽光発電設備を工場に設置いたしました~RE100への取り組み~

最新情報

自家消費型太陽光発電設備を工場に設置いたしました~RE100への取り組み~

当社手解体工場の屋根へ環境負荷の少ない太陽光パネルを用いた発電設備を設置し、再生可能エネルギー電力を自家消費できる体制を構築しました。

【太陽光発電設備の概要】

パネル設置容量 101.06kW
年間発電量 109,582kWh (2018年度使用量の約16%)
年間CO₂削減量 57.37t-CO₂
施工会社 株式会社横浜環境デザイン

【環境省補助金採択案件】
同発電設備は、地域における再生可能エネルギー普及ならびに拡大の妨げとなっている課題への対応の仕組みを備え、かつCO₂の削減に係る費用対効果の高い取り組みであることが評価され、2019年度(平成31年度)二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(再生可能エネルギー電気・熱自立的普及促進事業)の6号採択案件となりました。

【第三者所有モデルの活用】
同発電設備は、当グループ企業の株式会社ブライトイノベーション(本社:東京都中央区、代表取締役社長 中作 憲展、以下「ブライトイノベーション」)が、株式会社横浜環境デザインの施工により、当社手解体工場の屋根に設置しました。
ブライトイノベーションが補助金申請、設置工事費用の初期投資、発電所の維持管理を行い、当社は自家消費した電気料金をブライトイノベーションに支払う仕組みです。

この仕組みは第三者所有モデルと呼ばれ、初期投資を行うことなく再生可能エネルギー電力を自家消費することが可能な仕組みです。
RE100に加盟する企業が増える中、自社のサプライチェーンに加わる企業にも再生可能エネルギー電力の利用を求める加盟企業も出てきていますが、第三者所有モデルはこのような要望への有効な対策と言えます。

ブライトイノベーションは、今回の取り組みを計画から導入までをワンストップで行いました。この取り組みで得たノウハウを活用し、グループ全体でCO₂削減や再生可能エネルギー促進に取り組もうとする企業や、再生可能エネルギーの利用が求められる企業に対し、同様のサービスを提供してまいります。

【エンビプロ グループのRE100への取り組み】
当社の所属するエンビプログループは2050年までに事業活動で消費する電力を100%再生可能エネルギーにすることを目標に掲げ、2018年7月に「RE100」に加盟しました。リサイクル業界からの加盟は世界初となります。

エンビプログループの主力事業である資源循環事業は、限りある資源を有効活用することで循環型社会の実現に寄与する事業です。
またこの事業で消費する電力を再生可能エネルギー100%にすることができれば、事業を行うプロセスが脱炭素社会の実現に寄与できることになり、事業そのものとプロセスの両面で持続可能社会の実現に貢献できます。

同件以外のRE100への具体的な取り組みとしては、2019年4月にエンビプログループの株式会社しんえこが運営する地域循環共生型リサイクル施設が、再生可能エネルギー電力100%(FIT電力含む)のRE100施設に転換、2019年5月にエンビプログループの株式会社東洋ゴムチップが、再生可能エネルギー電力100%(FIT電力含む)のRE100工場に転換しました。

2019年6月時点で、グループ全体で使用する再生可能エネルギー電力の割合は約17%と、2050年までの目標に向けて着実にRE100への取り組みを進めています。

関連記事:太陽光発電設備が設置されたRE100工場「しんえこプラザあづみ野」

アーカイブ

2020年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829