最新情報

ENGLISH

ホーム > 落じん灰の有価買取契約締結に関するお知らせ
~浅川清流環境組合との契約締結~

最新情報

落じん灰の有価買取契約締結に関するお知らせ
~浅川清流環境組合との契約締結~

この度、当社は、浅川清流環境組合(管理者 大坪冬彦(日野市長)、構成市:日野市・国分寺市・小金井市、以下「浅川清流環境組合」といいます)と2020年5月18日付で「落じん灰売り払い契約」(以下「本契約」といいます)を締結しました。


当社の貴金属回収設備(本社工場=静岡県富士宮市)
落じん灰を投入すると全自動で破砕・分級・選別を行います。


落じん灰ピット

■ 本契約について
 国内の清掃工場では通常、焼却灰から落じん灰を分別せずに、焼却灰をそのまま最終処分場に埋めるか、もしくはセメント会社や溶融会社に処理料を支払いリサイクル(以下「資源化に伴う費用」といいます)しています。
 当社は、落じん灰から貴金属(金、銀、銅、プラチナ、パラジウム)を高品位で回収する技術を確立しています。
 当社は本技術を活かし、浅川清流環境組合と本契約を締結しました。
 通常の焼却炉(ストーカ炉)では、主灰と落じん灰は、水分を充満させたピットに一緒に落として粉塵対策と熱対策を行っているため、落じん灰を区分分けして回収することはできません。
 浅川清流環境組合は、本契約とは別に、落じん灰を区分分けして回収できるシュートを取付けました。


イメージ図


浅川清流環境組合 落じん灰シュート

■ 提供できるメリット
 本契約により当社が浅川清流環境組合に提供できるメリットは 、以下のとおりです。

 当社が落じん灰を買取ることによって、歳入の増加及び、落じん灰の買取量だけ資源化に伴う費用を削減することができるため、歳出の減少にもつながります。

■ 今後の展望
 本契約は、鳥取中部ふるさと広域連合、印西地区環境整備組合、多摩ニュータウン環境組合に引き続き4件目の、落じん灰の有価買取契約となります。
 落じん灰の有価買取りが広がることで、従来、そのまま最終処分場に埋めるか、もしくは資源化に伴う費用を負担したリサイクルにより、おそらく永遠に日の目を見ることができなくなる貴金属(金、銀、銅、プラチナ、パラジウム)に光をあてることを社会的使命と捉え、本事業の拡大に努めて参ります。

問合せ先 営業部営業一課 竹川友祐
(TEL:0544-58-5800)

アーカイブ

2020年6月
« 4月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930